<   2011年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧
アシテジの今後について
a0014658_2231324.jpg

アシテジ世界大会デンマークとスウェーデンの共同開催は、北欧の天気のように、クルクルと情勢が変わる、非常な変化を伴ったものだった。

写真は、昨日に行われたクロージングパーティーの模様。

その中でも最大の変化となったのは、アシテジが担って来た、国の代表であるという意識がなくなり、文化団体らしい横のつながりを重視したことだろう。

つまりこれはどういう事かというと、今まで国の中に一つだったアシテジが、一つでなくてもある一定の条件を満たせば参加できるとなったのだ。

例えば、台湾など今まで参加できなかった地域も参加できる。この流れは国から都市へ、より個の関係へと移行する事を意味している。

同時に、単なる機関としてのアシテジではなく、より実行を伴った組織になるということだ。例えばフェスティバルをやっている、事務局機能が完全であるということが求められる。

事実、名前だけの参加であった国は、今回数カ国が除名処分という結果となった。

この変化は正直、大き過ぎて、面食らっているのが印象だ。おそらく、相当の根回しが事前にあったのだと想像にかたくない。

この結果が、どういう未来をもたらすかは、年月をある程度経ないと、その判断は難しい。

しかしながら、これで今までのアシテジ日本が担って来た役割も岐路に立たされていることは間違いない。これからの判断は、今後の日本センターの存続に関わる。

しかし、時間は待ってはくれない。早期の変革の波が来ていることは間違いない。
[PR]
by nakadachi2 | 2011-05-29 17:40 | TACT/FEST
デンマークのこどもたち
a0014658_18363148.jpg

デンマークのこどもの劇場の写真。

ありとあらゆるところに手作りの工夫があって、とても観ていて楽しい。

こどものことを本当に真剣に考えている。

素敵だよな。

a0014658_18363271.jpg

[PR]
by nakadachi2 | 2011-05-27 18:33 | TACT/FEST
マルメの街
a0014658_0482642.jpg

初スウェーデン上陸となった。

デンマークのコペンハーゲンからスウェーデンのマルメまで、列車で三十分。

始めて訪れたマルメは清潔感のある街。街中には、写真のようにフェスティバルのフラッグが風に揺れている。

街中に売られている小物なども、本当にセンスが良くて、楽しい。

マルメは良い街だ。
[PR]
by nakadachi2 | 2011-05-27 00:30 | TACT/FEST
Assiteji world congress 2011
海外に来ている。今回はデンマークのコペンハーゲンとスウェーデンのマルメである。

今年は彼の地でアシテジ世界大会が催される。それに参加する。

今はフィンランドのヘルシンキにいます。飛行機が飛ばないので、待ち時間がたっぷり。

もうこういうトラブルにも慣れっこで多少の事なら慌てない。

結局、3時間後に無事飛んだので良かった。

コペンハーゲンに着いたのは夜9時頃。雨が降っていたが、まだ空は明るかった。さすがは北欧の国。

ホテルはチボリの真裏にあたる、コペンハーゲンセンター駅からも近く、大変便利な立地。

すでに、いくつか作品を観た。久しぶりに知り合いの顔も多く、嬉しい。

また、ブログも書きます。
[PR]
by nakadachi2 | 2011-05-22 23:35 | TACT/FEST
シンプルゆえの難しさ
昨日の昼は近所の流行っている蕎麦屋へ。

とはいえ、この蕎麦屋へ行くのは始めて。

内装は落ち着いた雰囲気。ホテルのバーのよう。

板わさとビールを飲みながら、蕎麦を待つことしばし。

まず、非常に少量のつゆが目の前に置かれ、

間もなく、大きな器に少量の蕎麦が。

麺は太めだが、一口啜ってみる。

ん?

蕎麦の香りがない。

麺は非常に固い。

次につゆの中へ。

つゆが弱く、麺のかたさを跳ね返す。

歯ごたえのみで、味がない。

お客さんはいっぱい入っていた。

やはり雰囲気が良いからだろう。

蕎麦は難しい。

シンプルだからこそ、つゆとめんの組み合わせは無限にある。

客の好みも大きく作用する。

ちなみに僕の好みは、蕎麦の香りが良く、つゆの強いもの。

緑がかった細いしゃっきりと打たれた新蕎麦ならなおよしだが、

田舎蕎麦の太く無骨な味わいも捨てがたい。

コシは大事だが、固いだけというのは今ひとつ。

シンプルなものほど、難しいなあ。

美味い蕎麦が食べたいと心底思うが、美味い蕎麦は高い。

蕎麦通は蕎麦で腹一杯にするなど野暮だというが、僕は美味い蕎麦で腹一杯になりたいね。

蕎麦を求めて、日本を旅したい昨今。
[PR]
by nakadachi2 | 2011-05-16 07:29 | Food
前を向いて進めば自ずと答えは出る
本日より、「わたしにさよなら~青春編~」の稽古を開始。

青春って、死語なんじゃ?と自分に突っ込んでみたり。

しかし、そんな青春だけど、結構良いもんだと思ったり。

中学生以上に見て欲しい、そんな~青春編~なのです。

その稽古を始めてみました。

今回は、客演として全リンダさんという韓国人の女優さんをキャスティングしました。

キャリアも豊富なリンダさんと演るのはとても楽しみ。

キオのスタッフと共に、良い作品を作りたいと思います。


a0014658_4203429.jpg


写真は、今日のワークショップで出たアイデアボード。

壁に貼ってみたら、魚や動物の形に見えて来た。

いいイメージだ。すでに何かが生まれ始めている。

この作品は、今年の夏に東京や鳥取、大阪にて公演します。

お楽しみに。
[PR]
by nakadachi2 | 2011-05-14 04:05 | KIO
ただ一つのゴールを目指して
このゴールデンウィークの期間、ずっと稽古を続けて来た「家族のものがたり」その公演が、ようやく昨日終わった。

残念ながら、僕は別作品の公演があったので、見る事はかなわなかった。

役者たちは、睡眠時間も削って、よく努力していた。

影絵、ダンス、生演奏、映像が複雑に絡みあう芝居。それだけに時間をかけて何度もタイミングを合わす必要がある。

全ては始まったばかりだが、さらなる向上を目指して、時間をかけて行きたい。

この作品のテーマは「人とは何か」という事。

一見、哲学的でもあり、難しいかもしれないテーマ。

だが、このことをこれから、大人になってゆく中学生に、見せて行きたいのだ。

そして、考えてもらいたい。人とは何かという事を。

同時に、僕らも考える。つまり、対等なんだ。

もっともっと考えて、より良い作品にすることを誓う。

昨日、見てくれた中学生に感謝!ありがとうございます。
[PR]
by nakadachi2 | 2011-05-07 17:57 | KIO
いや、あわただしいわ!
しばらくPCを開かなかったせいで、ブログを更新するのを、さっぱり忘れていた!

それもこれもiPhoneがあまりに便利で、ほとんどPCを開く必要が、文章を書く以外に無かったからであり。

それも言い訳なので、この10日間あたりの事を。

ここんとこは、ひたすら稽古、打ち合わせ、カフェの日々だった。特に稽古は、家族が今日明日と佳境で、盛り上がっている状態。

そんな中、学校公演シーズンがスタートしたりして、あっという間に時間が過ぎていった。

季節も暖かくなって来て、身体も動き始め、すこぶる調子がいい。

カフェもGWに入り、お客様が倍増している様子。みんな頑張りを見せてます。

というわけで、みな元気ということで。

また、家族のものがたりの初演の様子を次回にお知らせします。
[PR]
by nakadachi2 | 2011-05-04 12:43 | KIO