<   2010年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ずいぶん、寒くなったようだ
a0014658_17555660.jpg



秋風が、上着の隙間から忍び寄る、涼しさ。

爽やかというには、すこし、寒過ぎる季節。

逝く夏に翳りを残して、

グラスを濡らす

水滴、ふたつ。



Kohey Nakadachi
[PR]
by nakadachi2 | 2010-09-30 17:55 | Others
雨の秋分
公演あけの祝日はうれしい。身体の疲れを癒してくれるような、秋の雨。

三時のおやつに出かけた。といっても歩いて近所の店へ。

a0014658_14393278.jpg



Poireという、スイーツの名店。作られているものが、ひとつひとつちゃんとしている。なにより、近くにあるっていうのがいい。

読書の合間のひと休み。
[PR]
by nakadachi2 | 2010-09-23 14:39 | Others
今日は日帰りの岡崎公演だった。
a0014658_8255217.jpg



今日もいい公演だった。朝5時から大阪を出てきた。そのかいあって手応えを感じる事ができた。しかし、今日の暑さはどういう事?おかげで汗だくになってしまった。

さあ、帰ろうか。心地よい疲労感が身体を包みこんでいるままに。

Kohey Nakadachi
[PR]
by nakadachi2 | 2010-09-22 17:34 | Others
あいちトリエンナーレまたぎの週末
a0014658_15552225.jpg

大阪に戻ってきた。途中、ちょっと寄り道をして「あいちトリエンナーレ」によってきたら、大阪に戻るのが深夜になってしまった。しかし、ゆっくりと観たかったな。いろいろと面白そう。
a0014658_15562831.jpg
a0014658_15571743.jpg


翌土曜日はなかなか疲れがとれず、午後から活動開始。英語のレッスンをしたり、眠い頭でパンフレットのデザインをし変えたりした。しかしあまりにも疲労感が収まらず、夕刻は早めに帰ってご飯を軽く食べて就寝。おかげで今朝はすこしだけ体調もましになったが、今度は首が痛い(涙。きっとこれは身体からのサインなので、おとなしく週末は過ごすつもり。
[PR]
by nakadachi2 | 2010-09-19 06:04 | Private
食の指向が変わる秋
まだ、岡崎にいます。今日も二回公演なのです。公演が続くと、喉を気遣いますね。それでも毎日飲んでますが。秋になって焼酎が旨く感じます。ビールの季節は終わったんだなあとしみじみ。夏の暑い間にビアレストランに行こうと劇団で計画していたのですが、残念ながら秋が始まってしまいました。それでも唐揚げとビールは鉄板ですからね、やっぱり行くと思います。ビアハウスの唐揚げが好きです。衣のさくさく感と味のしみ具合がたまらんのです。中華の唐揚げとはちと違います。やはりビアハウスの唐揚げでないといけません。どうやったら作れるんだろう???誰か教えてくれませんか?

公演に使う小道具シリーズ(いや、シリーズ化するかどうかは未定)たまごたち
a0014658_6503112.jpg


今日公演後大阪に戻ります。大阪はまだ暑いんだろうか、どうなんだろう?
[PR]
by nakadachi2 | 2010-09-17 07:00 | KIO
新たなブランディングの創生と、秋のシーズンの幕開け
携帯からもこのブログに投稿できるらしいのですが、どうも性分としてブログというのは落ち着いて机に座って書きたい物なので投稿が遅れてしまいます。いけませんね。しかも、つぶやくというのをしていると、余計にブログ書かなくなって。これもいけない。やはり別物ですからね。ちゃんとした長文を書くこともしないと、脳味噌が思うように長文に対して働かなくなってしまいます。

先週末は東京に行っていました。東京もつい先日も行ったばかりなのですが、所用諸々ありまして、また行くことになりました。たった二日間の日程だったのですが、このときとばかりにミーティングを入れてしまうので、一日のスケジュールがものすごいことになってしまいました。全ての予定が終わるとあっという間に深夜。濃密な時間を過ごすことが出来ました。

みんなと話し合う中で、今僕の考えとして伝えたのは、日本の劇団に対する新たなブランディング化です。国際的な活動をしている、もしくは求めている劇団で、なおかつこどもたちにたいする演劇を指向する劇団をまとめて、海外に国内に広くアピールするネットワークを作ろうとしています。いわば、セレクトショップのようなものですね。劇団はそれぞれがブランドなのだけれど、それらをまとめて選んで新たな価値を加える。今までその劇団に興味がなかった人にもアピールするきっかけになるかもしれない。海外から見れば、個々の劇団は点に見えているわけで、まとまった見え方をすることで日本に対する幅広い見え方が可能になるし、海外との継続的なネットワーク構築、情報の集積を行うことが出来る。このプランを、劇団の制作者中心に行おうと思っています。各劇団から制作者が出て、ネットワークを形成する。そして新たなブランディングを行う。年内にはこれを形を明らかに出来るよう動いています。


そして、今週からは学校公演秋のシーズンがスタートしました。というわけで今は愛知の岡崎市におります。
a0014658_6492487.jpg

a0014658_6444660.jpg

学校公演をしていると汗もかきますが、なにか日々の暮らしの中で降り積もった澱のようなものがいっぺんになくなる気がします。身体は非常に調子がよくなります。子ども達の反応も素晴らしいです。やっぱり楽しい。いろいろな仕事や役割をやっていますが、学校公演がなければ全て始まらなかったでしょう。これは僕の基本であり原点です。

今日もこれから公演です。今日は雨かな?最近、ようやく秋めいて来たのでうれしいです。秋は一番好きな季節ですから。じゃあ、行ってきます!
[PR]
by nakadachi2 | 2010-09-16 06:17 | Others
鳥取の砂浜と白い烏賊の甘さ
鳥取県に行ってきた。
a0014658_17215028.jpg


週末、鳥取県鹿野の鳥の劇場が行っている「鳥の演劇祭」に参加するためだ。
a0014658_17221029.jpg


海は蒼く、砂浜は真夏を思わせる暑さだった。海辺で戯れる若者達も、ゆく夏を惜しんでいるようにはとても見えない。
a0014658_17221826.jpg

a0014658_17222228.jpg


せっかく鳥取に来たのだからと、市場に立ち寄り、その場で生牡蠣を開けてもらい、白いかを刺身にしてもらった。絶品だった。
a0014658_172235100.jpg

a0014658_17223290.jpg

[PR]
by nakadachi2 | 2010-09-06 17:27 | TACT/FEST
秋はそこまで来ている・・・
大阪もやっと暑さの峠を越えたのか、今日は少し過ごしやすい風が吹いている。113年ぶりの以上稀少なわけだから、こんなものでは済まないのかもしれないが、それでもこうして少しでも暑さが和らいでくれると、なんとなく身体も、ほっ、とする気がするから不思議である。こうなると、秋の食べ物が恋しい。やはり、秋刀魚を焼いたところにすだちをじゅっ、とやるなんてのが最高である。後は松茸の吸い物などがあれば、最高の夕餉となる。

a0014658_16462227.jpg


夏の間、何ども観た入道雲は、まるで亜熱帯のスコールの到来を思わせるかのような迫力だった。近頃の空はちと違うようだ。ちぎれちぎれの雲を見ていると、懐かしさのような感情がふとわき起こる。この空は初めて見るのに、である。

韓国からの帰り、インチョン空港で買い求めた土産は「TOBLERONE」というスイスブランドのメジャーなチョコレート。帰国後、日常業務の最中、事務所の机に座りながら食したそれは、夏の暑さのせいか、まだ少し柔らかく、記憶とは異なる食感だった。記憶もどうやら、夏の暑さにとろけてしまったのかもしれない。

夏の終わりを願う気持ちと、柔らかなチョコレートの味わい。
[PR]
by nakadachi2 | 2010-09-02 16:56 | Food
韓国 第一回 BabyDramaFestivalに行ってきた。
韓国に行ってきた。

当初は、あいにくの雨模様だったが、二日目を過ぎたあたりから晴れ間が出て、とても過ごしやすくなった。北海道と同じくらいの気候なのか、日本の(特に大阪の)暑さに比べると、その快適さといったら無い。

a0014658_16153384.jpg


今回は、ウジョンブゥ市で開催された「BabyDrama FESTIVAL」に参加してきた。このフェスティバルは今年初めての開催。BabyDramaというとまだ馴染みがないかもしれないが、要するに「0歳から3歳児くらいまでの子ども達に向けた舞台芸術」だ。写真は、その創作に関連したスゥェーデンから来たスザンヌのワークショップを。非常に論理的な説得力のあるワークショップで、彼女のワークショップを受けることのできた韓国の演劇人は幸せだろう。他に、シンポジウムなども充実していた。

僕はATYAの会議などに出席。明らかにアジアの児童青少年演劇の盛り上がりを実感する機会となった。これから世界中で潮流となるであろうBabyDramaの分野で、そのフェスティバルをいち早く開催した韓国の慧眼に恐れ入った。アジアの文化芸術外交は、攻めの姿勢で常にかくあるべしと思い知らされた。

a0014658_16155214.jpg


毎日の続く宴会と一気飲みの連続でへとへとになったが、飲み会までまさに熱い感情のぶつけ合いで日本も負けていられないところだった。幸い飲みでは負けることはありませんでした(笑

それにしても、今も世界は片時も留まってはいないと感じる。常に我々も動き続けていかなければならない。
[PR]
by nakadachi2 | 2010-09-01 16:32 | TACT/FEST