<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
海を見にいく
a0014658_5111940.jpg


海を観に行った。とても大きくて、考えることをしばし忘れることができた。

こういう時間も大切。
[PR]
by nakadachi2 | 2010-08-22 05:14 | Private
東京フェスティバルとハンナとハンナ
OsakaでのTACT/FESTIVALを終え、残った膨大な片付けものもそこそこに、すぐに東京へ向かわなければならなかった。TokyoのTACT/FESTIVALでのシンポジウムに出席と、プロデューサーとして「ハンナとハンナ」公演を見届けるためだ。

a0014658_7472189.jpg

東京芸術劇場では「ひつじ」たちが頑張っていた。地下のアトリウムでの公演。劇場スタッフの汗を流している姿や真剣なまなざしを見ているとどういう気持ちでフェスティバルに取り組んでくれているのかが伝わってきて、胸が熱くなった。「ひつじ」たちも台風一過の異常な高気圧の中、暑さをものともしない集中力で目の前の観客と対峙していた。最終日の公演まで噂は噂を呼び、ツイッターなどでも爆発していたと聞いた。このような広がり方はさすがに東京だなと思わざるを得なかった。その他の公演も素晴らしい評判で迎えていただいたようだ。この盛り上がりは、酷暑でお盆期間という悪条件を跳ね返して、最終日まで尻上がりに上がっていった。

一方、同じ東京芸術劇場と同じ池袋に位置するあうるすぽっとではマナカナによる二人芝居「ハンナとハンナ」の幕が開いた。
a0014658_7474293.jpg

ロビーに所狭しと花が並ぶ雰囲気に押されながら、日々向上していく二人の芝居とお客様の熱意に励まされながら、幸せなカーテンコールと千秋楽を迎えることが出来て、ほっとした。その後は両会場の打ち上げのはしご。海外へと帰る団体との別れを惜しみながらの酒宴は深夜まで続いた。

明くる日は、一日をかけて帰阪の途についた。久しぶりの車での移動。もう過去何年も行っていなかった東京での公演が、今回このような形になるということを僕は想像だにしなかった。これで7月から始まった祭典は全ての公演を終え幕を下ろした。だがこれで終わったわけではない。すでに来年の話が各所で始まっている。総括と新たな体制作り。それが急務だ。
[PR]
by nakadachi2 | 2010-08-17 08:12 | TACT/FEST
生きている温もりを伝えたいから
ついに、終わってしまった。

OSAKA演博2010 Tact/Festival.


今年は本当に楽しかった。
今はやりきった感でいっぱい。

ありがとう。


これほどのフェスティバルが、ほぼ行政的支援を受けずに運営されるなんて、
すごいことだと思う。不可能に挑んでいると言っても良いかもしれない。

これは手づくりのフェスティバルなんだ。

手から手へ、渡され、伝えられていく
そういうフェスティバル。

だから喜んでもらう嬉しさもひとしおだし、
よし!また頑張ろう!って気持ちになることができる。


ありがとうの感謝の気持ちを
いっぱいこめて


また来年、会いましょう!


中立公平拝
[PR]
by nakadachi2 | 2010-08-09 07:52 | TACT/FEST
来たぞ!フェスティバル大千秋楽!
いよいよ来たー!フェスティバル最終日!!!


あっという間だったなあ。。。

ほんとうに多くの方々に支えられてここまでくる事ができました。
そして、ご来場いただいたお客様に、

ありがとうと何度も言いたい!

ありがとう!


今日もまた感謝の気持ちで、精一杯のホスピタリティと
笑顔で行きたいと思います。

楽しい一日にしよう!
[PR]
by nakadachi2 | 2010-08-08 07:55 | TACT/FEST
やはり早い!今年のフェスティバルも!
おはようございます。

今日も雲一つ無い朝です。
暑い一日になりそう。


フェスティバルも残すところあと三日となりました。

やはり、始まってしまえばあっという間。
準備には、下見、交渉から含めると、何年もかかるのに。

今回、本当にいろんな人たちが来てくださっている。
世界中から。
本当にうれしいし、ありがたいと思ってしまう。

ありがとう。

感謝の気持ちであと三日。

どれほどの思いを伝えればいいか、わからないけれども。

伝えることをやめてはいけないから。

今日からは、旭区のみのフェスティバルとなります。

みなさん、楽しみにしていてくださいね。

会場でお会いしましょう!!!!!!
[PR]
by nakadachi2 | 2010-08-06 07:41 | TACT/FEST
フェスティバルも折り返しに差し掛かり
フェスティバルも半ばに差し掛かり、充実した公演が続いています。

今年は一つ一つの作品を大切に、できる限り公演数を多くしました。
一人でも多くの人に喜ばれるように。
海外からの招待作品もまだほとんど見る事ができます。
当日券も好評で、まだ間に合います。

あなたもどうか、フェスティバルにいらしてください。
日本で見る事ができる奇跡と感動を味わってください。
[PR]
by nakadachi2 | 2010-08-04 06:23 | TACT/FEST