<   2010年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧
モントリオールアパート紹介 Part2
またアパートの動画です。それだけですが。


[PR]
by nakadachi2 | 2010-02-28 00:24 | Others
劇場から劇場への渡り鳥
この一週間、お世話になった劇場に別れを告げ、週末、別の劇場へと移動します。それで今日の稽古が終わった後、全ての道具をばらし、トラックへと積み込みました。
a0014658_013084.jpg

見慣れたこの風景ともお別れ。。。

今度の劇場はダウンタウンにあり、やはり図書館と一緒になった複合文化施設です。
a0014658_0144717.jpg
すこし手狭になったから張り出ししなきゃいけないな。
a0014658_015911.jpg
劇場スタッフと打ち合わせをするジョゼアラ。

これからこの一週間、この劇場でお世話になります!
[PR]
by nakadachi2 | 2010-02-28 00:16 | Others
たまには自分の姿に向き合ってみる
a0014658_20553630.jpg

髪を切りました(笑

恥ずかしながら失恋したわけでも、新しい自分を発見したかった訳でもなく。
ただ単に「宮沢賢治」さんをやるからという理由なわけで。
しばらくぶりに見た自分の坊主頭に苦笑するしかありませんでした。

これで寒いモントリオールにいて、帽子が手放せなくなりましたよ。
[PR]
by nakadachi2 | 2010-02-26 20:59 | Private
劇場ランチはやみつきになる
ぼくらがお世話になっているモントリオールの劇場。ただで使用させてもらっているうえ、スタッフまでともに働いてくれるのだから、本当に素晴らしい環境だ。ただ、劇場の周囲にはお店なんてない(涙雪も沢山降っているので、遠出をするのも一苦労。
a0014658_2174694.jpg
ということで、最近は毎日お弁当持参の日々です。それも、手のかからないものがいいということで、ラップしたり、パンに簡単に具を挟んだりするのがいいんです。それでも結構おいしいんですよ。こちらの野菜は力があるので本当にうまいんです。
a0014658_2193473.jpg
a0014658_2195893.jpg
a0014658_21102562.jpg
a0014658_21105092.jpg
こんな具を適当にトルティアにくるくるっと巻いたりして食べてます。味の決め手はこれ↓
a0014658_21111545.jpg
マヨネーーーーズ!こちらのマヨネーズは日本の物とは違って、もたれないのでおいしいんです。パンなんかも脂肪分が少ないし、防腐剤が少ないからか腹もたれしない。僕は日本では米食が主流ですが、こちらではパンでも全然平気です。
a0014658_2114740.jpg
やっぱり食事はみんなで食べるのがいいですよね!食事休憩を終えたらまた直ぐに稽古に戻ります。
[PR]
by nakadachi2 | 2010-02-25 21:15 | Food
僕らの棲んでいる劇場という場所
いよいよ、稽古も三日目。次第にテンションがあがってきました。この写真は舞台を見下ろすスタッフブースの内部。真ん中の小山のような男は、それでもジュリアンという名前です(笑
a0014658_19582773.jpg
楽曲の打ち合わせをする二人
a0014658_19585357.jpg
真新しいセット
a0014658_2011458.jpg
賢治のセットも揃いました。
a0014658_2014097.jpg
ノリの楽器たち
a0014658_2023334.jpg
前回までアイリッシュハープを使用していましたが、統一感や楽器で出来る汎用性も考え、琴に変更しました。ツアーをすることと舞台サイズなどの理由から、短い琴に。
a0014658_2031275.jpg
今回は場面も増え、人形や影絵も増えました。当然、変更が相次いで、新しい楽曲も加わります。まったく新しい作品へと生まれ変わるようです。僕もフランス語の台詞と格闘中!今から観客の反応が楽しみ。
a0014658_2052495.jpg

[PR]
by nakadachi2 | 2010-02-25 20:08 | Others
TRAIN稽古二日目と、モントリオールのキッチン
一日目の仕込みを終え、二日目は手直しの後、稽古がスタートしました。しかし!ここでアクシデント発生!今回、映像の新システムとして導入した「イザドラ」一画像をデュアルにして出す機械を、プロジェクターが認識できず!それぞれにテストを繰り返し、悪いところは見つからず、結局元のシステムに戻して使う事になってしまいました。うーん、日本ではうまくいっていたのに、残念!しかし、次回は必ずリベンジです。

今回のTRAINは変更点が多くあり、シーンも追加されているため二週間の稽古が用意されています。しかあし!最大の問題はフランス語のテキスト!なんと、僕の台詞が膨大に増えている上、その全てがフランス語ときた。うああああああああ!って感じで、頭ぱんぱんになりながら取り組んでいます。時差ぼけもまだ解消されていないっていうのにフランス語!のあああああああ!

さて、気分を切り替えて、アパートの紹介。今回滞在しているアパート、とても素敵です。部屋数も多くて、機能的でシンプルで快適な滞在となっています。日本に持って帰りたいくらいです。今回はキッチンをご紹介!iPhoneで撮って、始めて動画の埋め込みにチャレンジしてみました。どうぞ、ご覧ください。


[PR]
by nakadachi2 | 2010-02-24 19:44 | Others
やっぱり劇場だね
モントリオールに着いた次の日は日曜日。劇場も休みだし、時差ぼけの影響もあるのでその日はオフ。スーパーで食材を買ったり、料理をしたりしながらのんびりと過ごした。

翌日からいよいよの劇場入りです!なにはなくとも私たちは劇場で生きる動物ですから(笑!

この劇場は日本にもある区民センターのような文化交流の場所。図書館が一緒に入っている建物だけど、このような場所にもディレクターがいて、ちゃんと作品を買うことが出来ているということが、日本とは違う。ちゃんと予算があるんだね。それでは劇場の内部をご紹介。
a0014658_21315719.jpg
日本から運んできた荷物をほどいて。。。
a0014658_21321631.jpg
小道具を組み立てているところ
a0014658_21334677.jpg
a0014658_2135115.jpg
忙しく走り回っている如是
a0014658_2136055.jpg
アランはコンダクターのように、スタッフに指示を出して照明の仕込み中
a0014658_21363636.jpg
この日はスタッフが三人も!いて、僕はやることがあまりなかったので写真を撮りまくっています。これは楽屋。
a0014658_21372682.jpg
その楽屋へと続く廊下には、この劇場に出たアーティスト達のポスターが、サイン付きで処狭しと貼られています。
a0014658_21383180.jpg
a0014658_21385697.jpg
劇場の周囲には何もお店がない(涙。なので、明日からはお弁当に毎日です。今日はやっとのことで見つけたピザ屋さんに入りました。
a0014658_21402974.jpg
メガランチ(30カナダドル)を頼んだら本当に笑えるほどのメガ!ラージサイズのピザが二枚。山盛りのポテト。それにプーティン(モントリオールの名物でポテトにチーズに乱切りとグレービーがかかっているカロリー爆発のしろもの)のWポテト攻撃!それとチキンウイングにデザートのチョコケーキ!まで付いてる。食えるかい、こんな量!ということでしたが、私以外の男性諸氏は「負けるもんか!」って言いながら食べてましたね。でも結果、負けたらしいですが。

というわけで、劇場生活、スタートです!
[PR]
by nakadachi2 | 2010-02-23 21:48 | Others
モントリオールに着きました!
大阪から成田経由、シカゴ経由で計14時間のフライト。待ち時間も含めると20時間の行程を経て、ようやくモントリオールに到着しました!今回は同行する出演者などがいるので、待ち合わせ時間に来ないなどのトラブルもありましたが、なんとか無事到着。空港に迎えてくれたアランや、ステーキを要して待っていてくれたジョゼの顔を見てなんだかほっとした気持ちになりました。

これからアパートに三週間ほど滞在してツアーに備えます。とっても素敵なアパートなので、テンションがあがりますが。また写真なども公開していきますね。
[PR]
by nakadachi2 | 2010-02-21 18:44 | Others
リフォームの合間に、駅までおさんぽする
リフォームまっただなか、昼食を兼ねて天下茶屋の駅まで歩いた。天下茶屋駅前商店街を抜けて、ほぼ一直線に歩くと新しい事務所にたどり着く。駅まではこまごまと小さなお店が建ち並んでいて、近くに学校があるおかげで学生達の通りも多い。路面電車の駅にもほど近く、なんとも昭和な雰囲気がそこここに漂っている。
a0014658_763985.jpg
めっちゃレトロな喫茶店。地元の人たち専用に違いない。入る勇気が出ない(笑
a0014658_765783.jpg
なんかいいな。
a0014658_771434.jpg
角にあるから。
a0014658_772542.jpg
酒屋さんは大事だな。

このほか、肉屋や八百屋魚屋飲み屋パチンコやスーパー、百円ショップなどなど何でもある。南海電車も地下鉄も乗り入れているから関空や梅田などに出るのも30分かからないくらいだ。なんだかタイムスリップしたようなのどかさと便利さが同居していて、ここに移って来ることを考えるとわくわくしてしまう。

a0014658_715303.jpg
おしゃれなカフェもある。そこにパンチのおばちゃんとかがいるんだから、そのギャップが面白い。写真はリフォーム部隊の石原さんとあいちゃんです。
a0014658_7154891.jpg
甘い物を食べて、さあて午後の作業もがんばりますか!
[PR]
by nakadachi2 | 2010-02-19 07:19 | Others
ニュルンベルグでは前回と同じホテルレオナルドに泊まった。
a0014658_932929.jpg
ニュルンベルグにはフェスティバルのために二年ほど前に来たことがある。Punapkinと名付けられたこのフェスティバルは、ムンピッツ劇場とそのレジデンスカンパニーのメンバーが中心となって、二年おきに開催されている。ヨーロッパのディレクターの間でも信頼のおけるフェスティバルとして名高い。ぼくもここに来ると多数の友達がいるので、みんなと会うのが楽しい。
a0014658_9361385.jpg
a0014658_9362473.jpg
a0014658_9363861.jpg
a0014658_9364888.jpg
a0014658_937365.jpg
a0014658_9371918.jpg
着いたその日に2本の作品を見て、翌日は4本を見た。二日目のパーティではバンド演奏などがあり、手作りの料理とダンスなどで夜中まで皆盛り上がっていた。そして、三日目の朝僕は帰途についた。
a0014658_9391283.jpg
空港でフライトを待つ時間にソーセージを肴にビールを飲んだ。付け合わせのポテトは主菜か!と突っ込みたくなるほどの量だった。持ってきてくれたウエイトレスは「ソーセージと、ビールね」と言いながらウインクしてくれた。そんなわけで、今回は少しだけ親しくなれた気がしたドイツだった。
a0014658_9392441.jpg

[PR]
by nakadachi2 | 2010-02-17 09:44 | TACT/FEST