カテゴリ:Others( 236 )
海外に出ることを制限しているわけ
最近は少しゆったりとした気持ちで仕事に取り組んでいます。カフェに入ったり、キオの印刷物をデザインしたり(これがまた、山ほどあるんだ!)、燻製を始めたり、いろんな人と出会って話したり。もちろん芝居の稽古も。今は「賢治の贈りもの」の稽古が始まったところです。来月の頭に公演があるので、今回の稽古では完全な形を作ることを目標に取り組んでいます。

今月は海外に出る予定はありません。海外に行くことで日本でやりたいことが制限されるのがいやなんです。それに海外にばかり出ていると、自分がプロデューサーとは名ばかりで、バイヤーになってしまうことをさけたいんです。僕はあくまで物を作る人間です。そのことを制限してまで、仕入れと売りにばかり集中したくないんです。

もちろん、海外に出ることで刺激はたくさんあります。多くの人とも友達になれました。でも、今は地元でたくさん時間を過ごしたいと考えています。「地域は世界なんだよ」と僕に言ってくれた人がいます。そうです。地球のどこにいても、自分の足下がしっかりしていなければ、意味がないと思うんです。だから今は、芝居や食を作り、環境を作り提供したい。

選択と集中とでもいいましょうか。こういう時間が本当に必要だったのだと感じています。この数年、海外で過ごすことが多くなり、自分がいったい何者なんだろうという感覚にずっと襲われていました。ビジネスマンと同じ位飛行機に乗って世界を飛び回っている。

アイルランドで火山の噴火が起こったとき、僕はデンマークのホテルにいて5日間をそこでまんじりともせず過ごしました。そのとき自分がこのまま日本に帰らなくても誰も困らないのかもしれないと思ったこともありました。これはつまり、自分が必要とされていないのではないか?

東北の地震が起こったとき、僕はパリにいました。なにもできない。何も感じられない自分に腹が立ちました。日本を出て、どこにいても、やはり僕の住む場所は日本にあります。そことしっかりとつながっていることが必要なんです。いま、僕の興味の大半は日本にあります。日本の自然を見てみたい。日本の伝統文化、歴史にもっと造詣を持ちたい。日本の現代に触れていたい。

戦後、私たちはルーツやアイデンティティを見失った時期があったのかもしれません。しかしそのため、多様な価値観や表現がうまれているのだとも言えます。日本は世界で最も刺激的であり、美しい場所です。幸せになれるところだと思います。

僕はこどもたちに少しでも喜びや楽しさや悲しみや怒りといった感情を吐き出してもらうため、舞台に立ち続けているのだとも言えます。感情を奥底に秘めてしまうことになれている日本人だからこそ、子ども達に感情の坩堝である演劇や舞台芸術を見せていきたい。そして心を活性化してほしいと強く思うのです。そしてそのことがいま、最も必要なのだと確信しています。

たどり着くことのない文章を書いてしまいました。久しぶりに書いたブログです。まとまりのないことをお許しください。
[PR]
by nakadachi2 | 2012-02-16 09:21 | Others
めずらしい新年会
カナダ大使館から新年会のお誘いが来ていた。当然東京なので一瞬考えたが、こういう誘いもめずらしいから一度行っておこうと思い、参加と返信しておいた。

それで、昨日東京に。大使館の新年会は軽い料理と飲み物だけのシンプルなもの。それでも自分達がやっていることをきちんと伝える姿勢はとても好感をもった。

会場には百人程度のゲストが来ていて、みな其処此処でごあいさつ。こうやって人脈って広がるんだね。

あと、サプライズとしてカナダ人と日本人の混合バンドMonkey Magic が来ていた。ごあいさつだけで演奏がなかったのが残念。僕はこどもの頃ゴダイゴのファンクラブに入っていたくらい好きだったので、関係ないけどなんだか嬉しかった。

他には、ジャズの渡辺貞夫さんもいらしていて、抽選で自作のCDをプレゼントしていた。それが、なんと僕に当たって世界のナベサダさんにサインと握手までしていただいた!なんだか興奮して、意味なく名刺などお渡ししたが、どうなったんだろう?

他にも仲のいい友人と話せたり、シルクドソレイユの日本法人の社長さんと話せたりと、なかなかに楽しい新年会だった。大使館のスタッフの皆さんお疲れ様でした。ありがとうございました!

ほら、サインでしょ⁉

a0014658_8184375.jpg

[PR]
by nakadachi2 | 2012-02-01 08:03 | Others
時間と仕事のあり方
時間が足りないと思う前に、自分のやるべき仕事の総量を把握できているか。

それは、その一日にやるべきことなのか?

それらの仕事はすべてファイリングされ、毎日の予定として組み込まれているか?

すべての仕事にデッドラインを設けているか?

すべての仕事が各人の責任として分担されているか?

そもそも仕事の目的、目標を掲げているか?

仕事をすることに満足して、仕事場にいることに油断してはいないか?

時間がない、仕事が多いなど、期日もなく漠然と毎日を過ごしてはいないか?

定時に帰ることを心から望んでいるか?

仕事は自分の人生にとって、どういうものだと認識しているのか?


自分のやるべきこと、自分しかできないことのみに、集中するべきだ。


無駄に生きている時間は、単なる無駄でしかない。
[PR]
by nakadachi2 | 2012-01-24 08:44 | Others
運がいいということについて
僕は本当に運がいい。演劇をはじめても作品を作ることができたし、音楽を作ることもできる。

劇団をはじめてからも、その前も、ちゃんとご飯を食べることができている。劇団員に給料を一度だって欠かさず、払い続けている。その金額は膨大なものだ。僕自身に親や人々が投資した金額以上を稼いで、劇団員にお金を支払ってきた。


劇場を始めても、そこそこ上手くやったと思う。一度足りとも赤字を出したことはない。派手な事は出来ていないかもしれないが、赤字を出していない劇場が他にどれ位あるものか。

昨年からカフェを始めたのも、劇団というソフトコンテンツを製作販売していることの不安定さを、他業種で補うためだ。もちろん飲食業も水ものかもしれないが、食べることと、観ること、どちらも世の中から一度に必要とされなくなることは無いだろうと考えてのこと。例えば自然災害が起きた時、どうやって立ち直るのか。そのための手段は分散した方がいい。

おそらく、僕は一番にはなりにくい才能しかない。だからずっと集団でやってきた。そうすれば僕に才能が少なくても誰かが補ってくれる。

一番になることよりも、長く続けていけるようにやることが必要だ。世の中から必要とされなくなると、いくら一番であっても意味がない。そのバランスが問題なんだ。

僕の才能は一番ではない。しかし、運は相当ある方だ。それは周りの人達の働きを見ていればわかる。僕の仕事はその信頼に応えて行く事なのだ。
[PR]
by nakadachi2 | 2012-01-16 05:05 | Others
KIO/PHI
晩ごはんの買い出しに行くと、もうお正月用の雑煮やおせちの食材などが並んでいて、この一週間でもう今年が終わるという事に愕然としてしまいます。あまりにも早く過ぎた一年でした。夏に初演を迎えた わたしにさよなら 、賢治のおくりものそして来年の、はらいっぱいなど、創作的にはずいぶん充実したこの半年でした。他にも、本格的にプロとしてカフェOvalという飲食店をスタートさせ、40年の歴史を刻んだ劇団の分社化に踏み切り、一般社団法人KIOが新たに産声をあげました。そしてこの年末、滑り込みになりましたが、やっと登記が認可され、カフェと劇場を運営する有限会社PHIがスタートしました。

一般社団法人KIOの代表は如是我紋。中立は芸術監督として、その任に当たります。

有限会社PHIは代表取締役を中立が務め、クリエイティブカンパニーとして、裏方スタッフやデザイン部門を抱えた会社として生まれ変わりました。

制作会社として集中的な業務を行うKIOと、人びとの生活の側で地域に密着したサービスと日々の豊かさを提案するPHI。

わたしたちがイメージしたのは、選択と集中であり、お互いの仕事を馴れ合いではなくより強く必要とする関係性です。

日本という国が、様々な面で変化を求められるこの年にあたり、わたしたちも仲良し劇団としてだけではなく、より社会にとって必要とされる存在にならなければならない。近年、曖昧に感じてきたことをようやく実行に移せたのが今年でした。


年明けより、各所で、はらいっぱいのチラシやポスターをみていただけると思います。そのデザインにも新たなる変革への胎動が現れています。大阪市の地下鉄などでも掲示されますので、ご覧いただけるとうれしいです。
[PR]
by nakadachi2 | 2011-12-27 05:29 | Others
年に一度のイベントと。
ここんとこ、自分の誕生日があって、世界中からお祝いのメッセージをいただいた。凄い時代になったものだと思う。もうお祝い!といった年でもないのだけれど(汗 しかし、嬉しいものはやはり嬉しいね。

おかげさまで、年内の学校公演も連日行っている。関西各地を飛び回りながら、好評をいただく度に、劇団をやり出した当初と隔世の感を抱く。継続こそが一番、これに尽きる。

公演の無い日はカフェに入ることが多い。最近はあまり出張をせず、身の回りのことをきちんとやりたいという気分。カフェでの仕事はまだまだ手探りで、発見も多い。カフェの仕事を突き詰めて考えると、劇団の仕事につながる事も多い。日々勉強である。

合間を縫って、新しい事務所の床を張っていた。やはり大工仕事もたまにはやりたい。自分たちが今後多くの時間を過ごす空間を気持ちよく使えるようにしたい。今回の事務所には始めてフリーアドレスを導入して個個の机を持たないようにする。新しい働き方のデザインをして、新しい仕事や発想をまたドンドン生み出して行きたい。

キオの方では、最近よく面接を行っているようだ。英語の堪能な海外担当の制作者を探すのが目的。最近は優秀な人材がアートマネージメントの仕事に興味を持っているようで、良い人と巡り逢えるのではないかと期待している。


そして、遅ればせながら、本日阿倍野で卵をとるのはだあれ?の無料公演がある。阿倍野区民センターで明日行われる阿倍野文化祭のプレイベントとして、キオをお招きいただいた。今日の夕方5時半からの開演である。阿倍野区民でなくても入れる。先着400名なので、お早めにきていただきたい。
[PR]
by nakadachi2 | 2011-12-08 19:22 | Others
観光と劇団
a0014658_5471911.jpg

先日、下呂温泉に行ってきた。

下呂には合掌村という、白川郷から移築された十棟ばかりの合掌作りテーマパークがある。

そこの見学を中心に、幾つかの寺社仏閣を巡り、土地の伝承に触れる旅だ。

劇団かかし座が下呂で常設の影絵小屋をやっておられるときき、それは是非見てみたいと話したところ、いろいろと案内してくださったのだ。

a0014658_5472033.jpg


a0014658_5472040.jpg


a0014658_5472070.jpg


その昔、山が噴火して流れ出した溶岩が堆積して出来た地層。
a0014658_5472135.jpg


a0014658_5472172.jpg


うまいものもいろいろある。

a0014658_5472221.jpg


a0014658_5472237.jpg


a0014658_5472348.jpg


先の合掌村の中に劇団かかし座が常設劇場を構えて、日々公演を行い観光客を楽しませている。娯楽性の少ない下呂温泉にあって、その存在はとても貴重だ。土地の伝承を取り入れた物語を影絵で見せるというやり方は観光への波及効果も生んでいる。このような形で劇団が出来ることはまだまだあるのだと感じたとてもいい機会だった。かかし座の皆さんありがとうございました!

下呂にもまた是非足を運んでみたい。
いやあ、素晴らしい旅となった。
[PR]
by nakadachi2 | 2011-12-02 05:26 | Others
テレビの影響力と新しい事務所
昨日の学校公演でのこと。

公演の冒頭、皆の前に立った先生が、キオに今回公演を依頼した理由を述べた。

アジアや国際的な人たちと作品を作ったりしている素晴らしい団体だと。

その事を知ったのはテレビを見ていたからだと。


昨年、テレビの深夜にドキュメント番組を作ってもらったことがある。

その影響がこういう形でまだ表れるのだと、あらためてテレビを観ている人の多さに驚かされた。

テレビの影響というのは、人の意識に直接語りかけられるメディアだということ。

それだけに怖いところもある。

だが、あの深夜のドキュメント番組はスタッフが本当に素晴らしくて、じっくり時間をかけて作っていただいた。

なので今も本当に感謝しているし、納得している。

作り手に愛情があると、それはやはり見る人を揺り動かすのだ。

あの番組に出たおかげで、今日、素晴らしい公演をやる事ができた。

すべての事に感謝。


話は変わるが、分社化以降ロクソドンタブラックという小劇場とOvalというカフェを経営してきたが、今まで決まった事務所がなかった。

それで今回、新たな事務所を構える事にした。

それに伴い、また事務所のリフォームをスタート(爆笑)

リフォームが本当に好きなのだから仕方がない。ただ気に入った空間に身をおいて仕事したいだけなのだ。

今度の事務所も阿倍野駅から直ぐの素晴らしい立地にある。とても便利な場所だ。

街中のあちこちにクリスマスの飾りものや、正月用のしめ縄が売り出され、いよいよ年の瀬が感じられる。

来年はまた、新しい事務所からスタートが出来る。それはとても気分がいい。

またリフォームの写真なども掲載しますね。
[PR]
by nakadachi2 | 2011-11-25 04:57 | Others
いつもそばにいる
作品を創造する、料理を創作する、環境を創造する。

創造は僕の力の源である。すべては創造からスタートする。

だが、作っているばかりで、それらを享受する人がいなければどうしようもないわけで。

そういう人たちに語りかけるのがコミュニケーションという能力である。

僕はそういう事をとても大切に思っている。コミュニケーションがなければ始まらない。

演劇もまさにそういうことで、カフェやフェスティバルを作ることも、劇場を興すことも、そういう場を生み出すという共通点でつながっている。

劇団という集団が好きなのも、コミュニケーション有りきという側面があるからだ。

結局、人が好きなのだろう。


強烈な孤独感を感じていた思春期を過ぎて、


僕は孤独から身を守る術を得た。

しかし、ソーシャルネットワークなど、人の繋がりがデジタル化する中で、

やはり、生身のつながりを強く感じたいと思う。

僕はバーチャルよりも、リアルを求めている。

友達の数を競うよりも強い繋がりを持ちたいと思う。

時折、ひとりを自覚する必要を感じる。

クリエイトする時、リーダーの役割りをする時、誰にも理解されないけれど信念を持って突き進んでいる時。

孤独はあたりまえに僕のそばにいる。

その時、人は自分と向かい合っているのだろう。

そして語りかけているのだ。おまえは大丈夫か?と。

僕は応える。

大丈夫だ。まだまだいける。

そしてまた、僕は人と繋がるために、

何かを生み出そうとする。

この世界にとって、必要な、何かを。
[PR]
by nakadachi2 | 2011-10-28 07:32 | Others
飲み過ぎにちゅうい
一日だけの東京行き。だけど日帰りとはいかない。なぜなら必ず飲み会となるから。

アシテジ日本センターの理事会に出席するのが主な目的。今回会議の場所は汐留だったので、おやじ達の聖地として名高い新橋からも程近く、飲み会には全く困らなかった(笑)

いつも、この会議でお会いするのは各劇団の代表者の方々や業界のトップの人達だ。そういう僕の親父の世代に囲まれて薫陶を受けている。

入ったお店は海鮮居酒屋とあって、最近東京によく見かけるテーブル上のコンロで魚介類を焼くタイプのお店。イカはプリプリでサザエは大ぶり、味もよかった。

先輩方のお話を肴に気がつけばかなりの酒杯を重ねていた。そのまま流れるように次の店へ。今度はBarのカウンターに座っての少人数でより深いお話を。マッカランが滑るように喉に入ってくる。ウイスキーが旨く感じる歳になったのだなあ。

秋の夜長はこのように過ぎて、宿に着いた頃には日付が変わっていた。ベイエリアの夜景も愉しむ余裕の無く就寝したのは惜しい事をしたと悔やんだ時にはもう朝。起き抜けにシャワーを浴びて、七時には品川からの新幹線に乗っていた。

いつもこうなる(笑)東京行は肝臓に覚悟が必要なのだ。
[PR]
by nakadachi2 | 2011-10-17 08:04 | Others