出会いの中でうまれてくるもの
三日目

だけど、フェスティバル大阪は今日はお休み。会館が休館日なので中途半端になるので開催しなかった。でも、大阪は大雨の予報が出ていたのでとても運が良かった。

中休みとなったこの日、来月4日のシアターBLAVA!劇場の下見に出かける。元四季劇場と呼ばれていた場所だ。今は毎日放送が運営している。この劇場からのオファーで、来年のTactan2010に向けて、2009の感謝祭を催すことが急遽決まったのだ。詳細はもうすぐ発表になりますが、Tactan2009にご来場いただいた方々、関係者諸氏をご招待して実施する。演目は先日もオリエンタル劇場で好評を博したキオの「はらいっぱい」を上演。この公演を大阪での打ち上げとして、そのあとトレインをひっさげ、沖縄のフェスティバルに出かける。暑い夏はまだまだ続く。

午後からはYannと最後のランチに出かけた。Yannは明日スイスへと戻る。「戻ったら、三日間連続で友達とパーティなんだ。」とYannは笑った。でもその次の瞬間には、とても日本を離れることが名残惜しそうな顔をする。「またすぐもどってくる」と彼はいう。偶然の出会いが、こんなに良い関係になるとは予想だにしなかった。でも、また直ぐに会えるさ。良い旅をね、Yann。

事務所に戻って事務仕事を片付けていると、ロクソドンタに伊藤園の営業の人が二人でやってきて、自動販売機設置の話を持ってくる。面白そうなので話を聞いてみる。この人達はどういう人生を送ってきたのだろうかと想像する。なんにせよ、出会いは面白い。

その後はニューヨークでワークショップをして、トレインの初演に駆けつけてくれたPlay BSTの演出家ナムさんと共同制作の打ち合わせ。面白いアイデアを彼女が持ってきてくれたので、実現に向けて話が盛り上がった。これは良い作品になるぞという予感がする。世界を股にかける演出家と着実に歩みを進めている彼女。またキオにとっても新たな挑戦になるだろう。

ナムさんとは仕事の話の後も、飲みながら様々な事柄を話し合った。彼女も今日、韓国へと戻っていく。多忙な中、駆けつけてくれた彼女に感謝。今日からまたフェスティバルが始まる。リフレッシュしたとてもいい一日だった。
[PR]
by nakadachi2 | 2009-07-28 06:55 | TACT/FEST