オーストラリアのアデレードに行った!5月のアデレードは秋の装い!#6
この日は幼児向けの作品を見に行った!ソールドアウトになっていたので観られないと思っていた作品。だがその演出家から偶然招かれ、幸運にも観ることが出来た!
a0014658_513233.jpg
朝早くから劇場へと向かう。古い感じの街並みの中に現れたガラス張りのモダンな建物。ここはおそらく劇場ではなくギャラリーのような建物だ。
a0014658_5131589.jpg
a0014658_5132762.jpg
a0014658_5133862.jpg
僕は建物が好きだ。人の叡智が集積している。自然の美と人工的な美。
a0014658_532326.jpg
建物の中に入る。此処は待合いのような場所。ここで幼児達がカーペットの上などでくつろぎながら開演を待つ。とても贅沢な作り。
a0014658_523039.jpg
オーストラリアでは近年、こうした幼児向けの作品に国からの援助が出ている。この作品は絵本にもなっていて、子どもたちに親しみを持って貰い、演劇にもなるという作品。大学の幼児教育の専門家などが研究スタッフを組んでリサーチした結果を作品作りに反映させている。どういう作品が子どもたちの成長段階にとって重要か、どの年代に何を見せるべきかを国を挙げて取り組んでいるわけだ。子どもたちが入ってきて、導入がはじまる。いかにもお芝居がはじまるという風ではなく、劇場に自然に招き入れるという工夫。それ自体はさほど目新しい発想ではないが、子どもに対する優しさが感じられる。
a0014658_535446.jpg
「真っ正面から子どもに向き合う」いうのはたやすいが、実践は大変だ。いろいろと難しい部分もあるだろう。どうやって教育と芸術性を両立させるか。感じるところの多い機会だった。
[PR]
by nakadachi2 | 2008-05-29 05:29 | TACT/FEST