デンマーク!今年から新しいフェスティバルが開幕!DENISH+に行ったのだ!
デンマークには狭い国土ながら数多くの児童青少年演劇をやる劇団がひしめいている。切磋琢磨するから当然質も高く、評価する基準もしっかりしていることから世界フェスティバルからの信用も厚い。特にヨーロッパ国内の市場に置いてはその強さは計り知れないものがある。

しかしながら、従来から行われているフェスティバル(通称ビッグフェスティバル)だと、あまりにも数が多すぎて当然見尽くすことはできないし、新しい選択肢が求められていたのも事実。そこで、今年から「デンマーク国内でも選ばれた作品が上演されるフェスティバル」として新たに始まったのが、この「DENISH+」である!

このフェスティバルは「GRUPE 38」という国際的にも大変評価の高い劇団が中心になって行われているフェスティバル。この劇団の本拠地でもある「オーフス」という町で2日間に渡って行われ、今年は延べ16団体がエントリーされた。その「GRUPE 38」の本部がこれだ!
a0014658_14461299.jpg
a0014658_1446213.jpg
a0014658_14463014.jpg
デンマークの劇場は外観的には普通に見える。ここも同様だが、中には立派なカフェと劇場がちゃんと収まっている。
a0014658_14464925.jpg
a0014658_14465923.jpg
a0014658_1447997.jpg
この敷地内には劇場の他にも稽古場や作業所などがあり、クリエイティブな環境は全て整っていると言って良い。従来からのシステムに満足せず、常に新しい展開を考え、先の展望を見据えて動き出した新しい演劇祭。このフェスティバルの観客は海外からのゲストのみ。一般の観客はまるでいない!これは完全にデンマークの劇団が海外での活動を経済的にもしっかりと見据えているという証でもある。続く。
[PR]
by nakadachi2 | 2008-04-24 14:52 | TACT/FEST