デンマーク再訪!2008年のビッグフェスティバルはネストベッドで!#4
フェスティバルにはパーティが付きものである!こうかくといかにも遊んでばかりいるようだが、こういうパーティの席でお酒を少しばかり頂いてこそ広がる縁というのがあるわけである。ここから仕事が生まれ関係性が広がる。しかしながら、今回のデンマークでのフェスティバルはパーティも破格だった!
a0014658_1033360.jpg
夕闇が訪れる頃(とはいっても北欧なのでこのように日が暮れるのには21時くらいまで待たなければならないのであるが)、フェスティバルの関係者と我々のようなゲストは船着き場に集合した。じつはこれからこの船に乗り込み、お城でのパーティへと向かうためである!ディズニーワールドだぜ!実際、城には今でも貴族が住んでいるそうだから恐れ入る。船の上では皆寒いのにデッキにいち早く陣取り、ビールを片手に気分を盛り上げる。そうして30分程度の船旅、到着したのはまるで別天地のような時間が流れる土地だった。
a0014658_1081059.jpg
a0014658_1081945.jpg
a0014658_1083167.jpg
夕暮れの太陽を浴びながら船着き場から続く美しい緑の丘を登っていくと、お城と言うよりもモダンな外観のシャトーが見える。
a0014658_1095945.jpg
a0014658_1010935.jpg
ワインを片手に、楽しい一夜を過ごした。一見贅沢なようだが建物とシチュエーションを除けば、食事などは質素な物である。お金のかけどころが違うのだ。刹那的な欲望にお金を費やすのではなく、実質的な価値観にこそ惜しみなく払う。これこそ本当の贅沢なのだと言うことをここにきて教えて貰った。この後、船で町に戻り、ライブ演奏のダンスパーティは夜中まで続いた。
[PR]
by nakadachi2 | 2008-04-24 10:22 | TACT/FEST