オランダは、ユトレヒトに行った!ミッフィーちゃんに会えるかな?#4
こちらに来たときに、ちょうどサマータイムになって一時間分時差が縮まった。こういう言い方をして正しいのかよくわからないのだが、とにかく一時間縮まったのである。なんだか地球はよくわからない。

まったく関係ないのだが、この日も芝居を何本か観た。でもなかなか劇場内ででかいカメラを持ち出すのは勇気がいる。だから当然ながら写真はあまり撮れなかった。でも一つだけとても撮りやすい芝居があった!それがなんと野外劇!
a0014658_375983.jpg
最初はこの劇場で観るのだとばかり思いこんでいた。でも外で偶然、このフェスティバルの芸術監督の女性(エイリアンのシガニーウィーバーそっくり!)から話しかけられ、「こっちよ!」と言われ、付いていくとそこには・・・・
a0014658_395480.jpg
出た!野外劇場!

あれ?でもこれ観たことあるような・・・

それもそのはず!なんと、先月ニュルンベルグで観たばかりのベルギーの劇団ではないか!あの時も野外のテントで「地底人がいた!」という内容の奇想天外な野外劇を見せてくれた。今回は何を見せてくれるのか、と思ったらなんと「動物病院でモグラが死んで宇宙にロケットで打ち上げられ、星になる話」(大笑い)だった!やっぱり良い団体は期待を裏切らないものだ!
a0014658_3132760.jpg
彼はおそらくリーダーだろう。この劇団の台本はどう練り上げているのか?わからないくらいに演技にリアリティがあり、家族的で雰囲気がとても良いのである。
a0014658_3144123.jpg
a0014658_3145827.jpg
前回、現場監督の出で立ちだった女性は今回、ちゃんと女性の格好をしている。みんな愛嬌がありとてもかわいい。この団体、本当は日本に呼びたいのだけれど、無理だろうなあ。場所探しから始めなきゃならないし。でもこういう団体に出会えるのが海外に行く喜びでもあるんだよなあ。

やっと太陽が出たら夜の八時を過ぎても街中があかるい。いいなあネザーランドって感じで。
[PR]
by nakadachi2 | 2008-04-01 03:17 | TACT/FEST