アフリカへ チュニジアに行く #9
濃厚な毎日だが、今日が公演最終日である。11時からチュニジアの人形劇団が公演するので、朝のうちにナブールの土産物街に向かう。
a0014658_915113.jpg
写真はナブールの土産物街。結論からいうとチュニスに行く必要はなかった。こちらでも同じより程度の良い物が、それこそ10分の1くらいの値段で手にはいるからだ。チュニスは観光地なので、ふっかける傾向にあるらしい。でも結局、何も買わなかった。水煙草の置物や皮のバッグや、真鍮の皿などがあるだけであまりそそらない。お昼ご飯にサンドイッチを買いこんで終わり。劇場へと向かう。劇場入口で、現地の学生に「昨日公演をみたわ、すごくよかった!」などと興奮気味に話しかけられる。それで、「あなた、今からこの公演を観るの?じゃあ、一緒に」と言われ、なんとなく一緒に見るはめになる。作品は「赤ずきん」であった。わりと古いタイプの人形劇。
a0014658_9152035.jpg
舞台にローラーが付いていて場面が変わる。人形が小さいので、少し目の悪い僕にはあまりよく見えない。暗闇で目を凝らしているとどうしても眠気が襲ってくる。だが、隣では学生の彼女が熱心になにやら携帯の灯りを使って、ノートをとっている。その横で寝られますかあなた?僕は眠れませんでした。そのあと彼女と別れ、キオのメンバーと合流し、仕込みに入る。さすがに一度やっているのでなれた物だ。
a0014658_9154884.jpg
一時間足らずで仕込みが終了し、リハーサルを終えて本番を迎える。この日の公演には、テレビカメラが入っている。どうやら公演をまるまる収録するそうだ。会場にはこのフェスティバルの要人の顔が見える。どうやら注目が高まっているようだ。
a0014658_9152986.jpg
開演時間前なのに、もう観客がドアの前に押し寄せている。時間を守らないこちらにしては凄いことだ。
a0014658_9153911.jpg
開演前にハマディさんが「今日はテレビの収録があるから、静かにするんだぞ!お前達!わかったな!」という挨拶を、おそらくしたおかげで、妙に緊張感のある雰囲気で、チュニジア最後のグリーンモンスターが始まった。続く。
[PR]
by nakadachi2 | 2008-01-04 09:24 | TACT/FEST