アフリカへ チュニジアに行く #5
a0014658_5284943.jpg
チュニスまではバスがナブールから30分ごとに出ている。それでチュニスへ行き、一日かけて観光をする。写真は、凱旋門のようなもので戦争の時に頑張った場所のようだ。セントラルマーケットなどで新鮮なオリーブや激安のスパイスなどを購入する。
a0014658_5291451.jpg
a0014658_5292665.jpg
a0014658_5293734.jpg
野菜も魚もとても新鮮。市場全体に活気がある。偶然この後、ランチで昨日と同じ店に行く。昨日は食べることの出来なかったクスクスを注文。
a0014658_5364216.jpg
写真が少々ぼけているがクスクス。稗か粟のようなパスタ?の上から野菜を中心にしたソースがかかっている。上にはフライされた白身の魚が乗っている。それを砕きながら混ぜ合わせて食べる。味の方はというと、なにしろぼそぼそのこまかなパスタを終始頬張るだけで味に変化がない。しかも、食べ続けると猛烈に腹が張る。これがクスクスかあ?ふーんという感じの一皿だった。そのあと、昨日は見ることのできなかった土産物屋で騙されて40ディナールでスリッパを購入してしまう。日本だと4000円くらいだから、高いスリッパである。なんで、そんなスリッパを買ってしまったのか?だって、「本皮だ!見ろ!」って、ライターで何度も皮をあぶられるし、買わないって言ったら「わかった、幾らなら買う?」って人の話、おまえ聞いてないだろ!って退かないもんだから、負けて買ってしまったのさ。ふん!・・・今でも後悔している。でもこの日は金先生のおかげで、観光らしい観光を楽しむことが出来たからいいんだ。さあ、明日はいよいよナブールでの公演だ。と思ったら、まだまだやることがあった。ホテルでカンファランスが残っている!ハマディさんに「こちらの人形劇や影絵を専攻している学生達に、日本の演劇について話して欲しい」と言われていたのだ。しかし、こちらの時間はあってないようなものだから、8時の約束が9時になっても一向に始まる様子がない。昼間の観光疲れで猛烈に眠いし、ホテルのロビーで所在なげに待っていて、本当にはじまるのかな?って疑った頃にハマディさんがやってきて、その辺にたむろっている学生達に「ほら日本だ!はじまるぞ!お前達!」とか何とか声をかけまくって、何十人かが集まってきた。こちらでは強く出た人が勝ちらしい。
a0014658_5294794.jpg
始まったのは10時前。なんとか眠気と闘いながら1時間ほど話して自分の役目を果たした。日本の学校公演の現状とキオの活動についてほとんど時間を費やして話したが、学生達は熱心に話を聞いてくれた。僕が日本語で話し、それをさくらが英語にして、それを通訳がアラビア語とフランス語に通訳する。とても複雑だったが、なんとかなった。金先生も心配だったのか、こっそりと入ってきて最後まで付き合って見ていてくれた。こういうのってとてもありがたい。終わったときには何人かの学生に話しかけられ、楽しく交流をした。なんでもやってみるもんだなと思った。学生達は夜中までホテルやディスコなどでフェスティバルの期間中連日眠らない日々を過ごしていたようだ。やっぱりみんな元気だなあ。僕は寝るけどね。
[PR]
by nakadachi2 | 2008-01-02 05:35 | TACT/FEST