時間と仕事のあり方
時間が足りないと思う前に、自分のやるべき仕事の総量を把握できているか。

それは、その一日にやるべきことなのか?

それらの仕事はすべてファイリングされ、毎日の予定として組み込まれているか?

すべての仕事にデッドラインを設けているか?

すべての仕事が各人の責任として分担されているか?

そもそも仕事の目的、目標を掲げているか?

仕事をすることに満足して、仕事場にいることに油断してはいないか?

時間がない、仕事が多いなど、期日もなく漠然と毎日を過ごしてはいないか?

定時に帰ることを心から望んでいるか?

仕事は自分の人生にとって、どういうものだと認識しているのか?


自分のやるべきこと、自分しかできないことのみに、集中するべきだ。


無駄に生きている時間は、単なる無駄でしかない。
[PR]
by nakadachi2 | 2012-01-24 08:44 | Others