TACT/FEST OSAKA 開幕!!!!!
9日より開幕した、5年目を迎える国際児童青少年芸術フェスティバル「TACT/FEST OSAKA」!

すでに、日本の各地で開催しておりますが、大阪のフェスティバルが今年の締めくくりとなります!

昨日は「子供のためのシェイクスピア」の「冬物語」で開幕。ゆるやかな初日スタートでしたが、フェスティバルの幟が風にはためいている姿をみると「ああ、今年の夏も、フェスティバルがやってきたんだ!」という思いが充満します!これはもう祭りですね!

今年の開催地は「天王寺・阿倍野」エリア!変わりゆく街「阿倍野」で新しく展開する「TACT」が、どのように街に馴染んでいくのか??興味津々です!

ちなみにこの街はKIOのホームグラウンドでもあり、僕の故郷でもあります。勝手知ったるといいますか、ついにここに帰ってきたのかという思いが強いです。

今年は演目に加え、シンポジウムなども盛りだくさん!
まず本日の目玉は

「公共ホールがこどもたちにできること」と題して、滋賀県びわ湖ホール館長井上さんと北九州芸術劇場館長津村さんによる、熱い思いが語られます。西日本を代表する二つの劇場がここに!聞き手はわたくし中立です。

東京大学名誉教授であり、前東京芸術劇場館長シェイクスピア翻訳の第一人者である「小田島雄志」先生による、演出家「山崎清介」氏との対話もあり、まさに公演を観て、学ぶという贅沢な時間。


そして、早くも「子供のためのシェイクスピア」は千秋楽です!お見逃し無く!!!

また「KIO」の演目「ゾウの休日」はフェスティバル初登場ですが、関西の中学でもっとも見られているロングラン作品です。こちらも注目!!!


夏真っ盛りの暑さと共に、早くもヒートアップしているフェスティバルですが、フェスティバルカフェでゆっくりと休んでいただくことも出来ます!おすすめは唐揚げの入ったプレートで、野菜たっぷりの蠱惑のおいしさです!



震災の影響も少なからずありましたが、こうしてフェスティバルが行えるのも、天王寺・阿倍野地区の地元の方々の協力があってこそ。関係者各位に厚く御礼申し上げます。

まだまだ、フェスティバルは始まったばかり!お得なフリーパスを買って、何演目も楽しむのがフェスティバルスタイル!

みなさん、今年の夏こそ「TACT/FESTIVAL OSAKA2011」に、ご家族一緒にお越しください!良き夏の思い出を、ともに作り上げましょう!
[PR]
by nakadachi2 | 2011-08-10 06:25 | TACT/FEST