梅雨の晴れ間に。夏を思い起こさせる日射し。
前回、六日間連続公演と書いたが、一日オフを経てまた公演が続き、やっと今日一段落する。久しぶりに近場の公演なので、ゆっくりと出発出来る朝だから、こうしてブログなどを書いていられるわけだ。そして今日、公演後に韓国へと出発する。「わたしにさようなら」韓国プレミアに参加するためである。どのような仕上がりになっているのか、僕自身もとても楽しみにしているのだが、日曜日、一足先に韓国入りしたYannからの報告によると、とても面白い芝居になっているようだ。いやがおうにも期待が高まる。

そして、やっと夏のフェスティバルのチラシとポスターができた。今年はシアターBRAVA!さんも大変な尽力で、とても内容にこだわった。それもこれも少しでも初めての人たちにこのフェスティバルの良さを知ってもらいたいという気持ちから発露したものである。こういうのってすごいことだと思う。人の感情、思いがまた人に伝わり、人を動かしていく。慣性の法則と同じだ。最初は一人のチカラでも合わさればみんなの思いが重なっていく。昨年までTactanと呼んでいたフェスティバルだが、今年から正式名称がTACT/FESTIVALとなった。それだけでは伝わりにくいんじゃないかと思って愛称をつけて貰った。OSAKA演博2010というのがその名前です。エンパクって呼んでもらえると嬉しい。そして、みんなが愛するフェスティバルに育てていきたい。冒頭に書いた韓国のPlay BST&KIO Companyの共同制作作品もこのフェスティバルで上演します。

フェスティバルのチラシは大阪市内の地下鉄の駅や各会場で手に入ります。ポスターもどんどん張り出されて行く予定。暑い夏はいよいよ本番を迎えようとしています!
[PR]
by nakadachi2 | 2010-06-24 07:47 | TACT/FEST